スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唄うたいは袖を引きすぐに次の行き場を探す

7月16日
Plug presents【Sweet trade vol.5】
amber gris/DISH/emmuree/KYOKUTOU GIRL FRIEND/オトガデッド/THE"FUZZ"/brain=Hitomi(Moran)&SIZNA(ex.Sugar)
16:30/17:00



15日、大佑さんが永遠の眠りにつきました。
その影響が色濃く出たイベントだと思いました。

これは本当に偶然だけれども、この日集まったバンドの多くは大佑さんと縁のあるのもあり、イベント全般を通して感じたのは弔い。

それぞれのバンドがそれぞれのやり方で偲んでいる。
彼に音を送り届けている。

そんな感じのイベントだったと思います。



◆KYOKUTOU GIRL FRIEND

玄人集団だなー
凄く格好いい。

しかしこの手のバンドは好みが分かれるタイプだと思うのです。
私は元々パンク調の曲があまり得意ではないことやどこか笑える要素がないとなかなか見るのが大変なので、正直に云うとこのバンドは私には辛かったなという感じ。

やー格好いいのよ。

泥臭いのにどこか洗練された印象もあるし、演奏も格好いいし、パフォーマンスも格好いいの。
ただ自分の感性にひっかからなかっただけの話です。

◆DISH

いつもよりも多めに十字を切り、いつもよりも感情のこもったというか始終今にも泣き出しそうな顔しながら絶叫するしびさんを見てこれは弔いなのかもしれないとふと思った。

気を抜くと私までもがうっかりあちら側に連れていかれそう。
ダメだ。飲み込まれるとダメだ。

全ての音が叫び声が刃となって突き刺さる感覚。

ドレスフラワーの歌詞がやたらと突き刺さってね。
あまりにもこの時の状況と合致しすぎていて、もしかしてこの曲はこの日の為に急遽作ったんじゃないだろうかと思ってしまうくらい。

痛い。痛すぎるよ。

持っていかれないように、始終気を張っていたせいか見終えた後はぐったりした。
しんどかった…

◆THE “FUZZ”

登場SEがhideちゃんの曲で軽く死亡。
それは反則!反則だってば!!

という訳で登場SEから既にたぎった訳でして。

しゅんすけさんのソロープロジェクト。
しゅんすけさんはギターヴォーカルでした。上手ギターは元バビロンの冴。

小さい!しゅんすけさんってあんなに小さい人だったんだ…しかし非常にイケメンでございました。

歌うしゅんすけさんを見るのは初めてでしたが、ええーと・・・何故歌おうとお思いで…?

曲がよかっただけに余計そう思ったのかも。
でもまぁしゅんすけさん楽しそうだったしいいか!

好きな音楽を好きなように演ってて誰よりも本人が一番楽しんでいる姿を見るのは好きです。
自分の好み云々はさておいてね。

うん!楽しかった!

◆amber gris

SET LIST
1.OP
2.over flow girl's sick.
3.lizard skin.
4.悲しみ暮れる黄金丘陵(コートドール)
5.銀色のコフィン

曲が始まってライヴが進むにつれて、あれ?何だろうこの妙な違和感は…と思った。

それまで虚構の住人として存在していた人がいきなり私たちと同じ世界の人間になってしまった時のような違和感。

凄く人間くさいアンバーグリスだなと思った。

私は普段アンバーグリスを見て、人間くさいというよりは、作り込まれた世界の中で各々が割り当てられた役を演じている、いい意味で虚構くさいバンドだなという印象が強かったので、こんなにもメンバーの人間らしい姿を見たのはもしかすると初めてかもしれません。

そうだよね。普段2.5次元としてバンドマンを認識しているけれども彼らだって同じ時代を生きている血の通っている人間だものね。

最後の曲が銀のコフィンだったことが全てを物語ってる。
そう思いました。

◆enmmuree

ひたすら重苦しいアンミュレ。
始終息が詰まる気の休まる暇などない、正しく幽閉された空間。

誤解を恐れずに云うならば、今まで見たどのアンミュレよりも鬼気に迫ったアンミュレでした。

これは覚悟なしで見るのは辛すぎる。
いや覚悟をして見たとしても辛い。

ずぶずぶと漆黒の闇へと引きずり込まれる感覚。
気を抜こうと張ろうと自分の意思とは関係なく問答無用に引きずり込まれる。

ステージにも客席にも色は存在するのにあらゆる色彩が消え去って、モノクロームの世界になったような気がしました。

本当に苦行レベルのしんどさだったけれども、彼ららしい弔い方だったと思います。

◆Brain

SET LIST
1.痕跡とキャンバス(Moran)
2.紫陽花(椿屋四重奏)
3.Fairy tail(brainオリジナル)
4.堕落(Syrup16g)
5.Secret Signs(L'Arc~en~Ciel)
~E.C~
1.malicious(Sugar)
2.同じ闇の中で(Moran)



人見が心配でした。とても心配でした。
悲しみに打ちひしがれて溺れてはいないだろうかと。

だからふらつきながら現れた彼を見て、ああステージに現れてくれた。その事実だけでもかなり救われた自分がいました。

しずなの綺麗なギターの音色に絡まって響く人見の歌声はとても綺麗だった。

そして一曲目が終わってデュオ名の由来について語り出す人見さんはとても可愛かった(笑)

Hitomi(以下H)「このBrainというバンド名?ユニット?デュオ?の名前はしずなが決めたんだよ。で、バンド?デュオ?どっち?」
SIZNA(以下S)「デュオにしましょう(魅惑のミ○キーヴォイス)」
H「そうそうデュオね(笑)右脳と左脳でBrainにしましょうって。(おおーと客席から拍手が沸き上がる)で、どっちが右でどっちら左?あ、違うよ。右と云ってもそっちじゃないよ(笑)」

…(゜∀゜)

だめだこのひといらんすきるがあっぷしてるどうしようもうておくれかもしれないけどなんとかしないと

客「(人見を差しながら)右ー」

H「ということはしずなが左かーあのさ、右脳と左脳で管理する領域が違うって云うじゃん?どっちがどっち?あ、右脳が芸術で左脳が計算とか?分かりやすく云うと右脳が文系で左脳が理系ってこと?」

「おれさー右と左の区別が昔からつかないんだよねーでさ、運転する時もそこの角左折ねーとおか云われても右折しちゃったりとかするんだよ。メンバーにはわざとでしょうと云われるけど違うんだよ。本当にわからないんだよねーたぶん幼い頃に矯正してないからだと思うけど。そんな右と左の分からない男が歌います」



歌ってる時の人見は、ずっと泣きそうな顔してた。だから曲が終わる度にあえてくだらないことばかり喋ってて悲しみを紛らわせようとしたんだと思う。

オリジナルの曲をやりました。
曲名はFairytail。おとぎ話。
人見自身も云ってたけど、彼らしくないタイトル。
曲自体はしずなが、オリジナルやりたいと云って作ったんだそうな。

歌を聞いて、ああーと思った。直接言及してはいないけど、これは彼に捧げる歌なんだね。

椿屋の紫陽花は、ヴェロが椿屋が好きでよく機材者で聞いてたそうで。そして人見は紫陽花が一番好きだと云ってた。

人見は紫陽花が好きで、たぶん小さいものが集合して群をなしている姿が好きだからだろうねというようなことを云ってました。

本編が終わって、アンコールで出てきた人見さんの第一声は「変なの(笑)」

「だってさーアコースティックのデュオがトリというのおかしいじゃん。普通こういうのは一番最初にやるか最後にやるかじゃん。それがトリまでやってアンコールまでするって変じゃん(笑)」

云われてみれば(笑)

恐れ多いけど、Sugarの曲をやりますと云ってマリシャスを歌った。
恐れ多くなどないよ。とても綺麗なマリシャス。私お砂糖さんの中でマリシャスはあまり好きじゃない方に入ってたけど、彼の歌ってるマリシャスはとても儚くて切ないけれども美しかった。

マリシャスを歌い終わった後に語った人見の言葉を忘れられない。
(一字一句を覚えるのは無理なのであくまでこんな感じのことを云ったと解釈してくださればありがたいです。)

「あのさ、もうみんな知ってると思うけど、昨日大佑が亡くなったんだよ。知らせが来て。色々考えてて結局一睡も出来てないけど。差別じゃないけど、やはり元メンバーは特別なんだよね。一緒に過ごした時間も長いし。あいつさ、言葉悪いけど、かまってちゃんだよね。元々心臓が悪いのは知ってたけど、それでも何だかんだ云っておじいちゃんになるまで生きてるんだろうと思ってたんだよね。」

「俺は絶対に先にくたばったりしないから。だから。だからみんなも命を大事にしながら時間を大事にしながら生きていってください。次の曲を大佑に捧げます。同じ闇の中で」

大佑のことに関しては、彼自身もまだ気持ちの整理がついていなかったと思います。
皆の前で語りながら自分の気持ちを整理していく感じ。


文章ではなく、身近な人の生きている声を聞いて、それまで我慢していた涙が止まらなくなってアンコールの間で私ずっと泣いていた。

そして俺は絶対先にくたばったりしないからという彼の言葉にとてつもなく救われました。

人見は何時でも私が一番欲しいと思う言葉をくれる。
不安で不安でたまらなくなって押しつぶされそうになっても、彼の言葉があるから私は押しつぶされないし生きていける。

私は人見に救われっぱなしだ。

もうこれ以上彼に悲しみが降りませんように。
もう誰も亡くならないように。

お疲れ様でした。
スポンサーサイト

俺もお前と狂いたい…

dieS present
“Scar・to・low・now・You・Me"

dieS/uBuGoe/emmuree/DISH/the fool/東京ヒーローズ

6月23日(Wed) Shibuya O-WEST
open 17:00/start 17:30


待ちに待ったウエスト!それではさくっと行くよー!


◆東京ヒーローズ

おいイワンがイケメンだぞ!
そうか・・・イワンだとこんなにイケメンな兄さんだったのか・・・

イワンを見たのは人格が初めてだったから、私の中でイワン=日本語しかしゃべれない面白い外国人の顔の兄さんという図式が成立していただけに正直驚きました。

この日はなにやらギターのりんださんの誕生日の一日後のライヴだったらしく、ゴキミの紹介の後、りんださんもMCをしたのですが、正直寒かった(笑)

りんださんが欲しいのは人気だそうです(笑)

東京ヒーローズとしても初ウエストだそうで。
それはおめでとうございます。

曲調は歌謡曲調の中にロックが融合した感じ。

何気にイワンのギターがフライングVでライトハンドだったのにはちょっと驚きました。

◆DISH

SET LIST
S.E ~THE CURE LOST
1.LivingDeadGirlfriend
2.インダストリアル ハニィ
3.UNDERGROUND
4.DiscoBeatEmotion
5.メロウイエロウ

DISHのライヴは、というかしびさんの歌は感情にダイレクトに突き刺さって、傷を抉られたり鋭利な刃物で裂かれるような感覚を覚える。
切なくなったり、悲しくなったり、怖くなったり、痛くなったりと負の感情が一気に押し寄せてくるからあまり状態のよくない時でないと、見るのがしんどい。

でもそのしんどさが快感でもあるから、ボロボロでも見てしまうんだろうなとふと思った。

この日のDISHは照明がほとんど逆光で顔とか表情とか殆ど見えなくて、見えるのはシルエットくらいだったけれども、逆にそれがバンドの紡ぎ出す音と絶妙にマッチしててよかったです。

ウエストのステージ似合うなーと思った。

このバンドは広いステージが似合うね。
何時も手刀かエリアでしか見たことがなかったから広いステージに立つ彼らの姿が想像できなかったけれども、自分の想像を上回るくらい似合ってました。

そしてさらに驚いたのが、しびさんの歌声が何時もよりもクリアに聞こえたこと。
ベースの音が恐ろしいくらいデカかったのにそれに負けず響いてたからちょっと感動しました。

しびさんの云ってた「突き抜ける」というのが分かる気がした。

新曲のリビングデッドガールフレンドが終わって、しびさんが無表情で頭上にハート作ってDISHですーと云ってそこからインダストリアルハニィへ。

ちょwww

コウヘイくんが、間奏の一瞬音が止まるところで、「しぶやがしぶやでライヴ中~」と云って腹筋崩壊。

個人的なミッションだった前回はできなかった、もう!で一斉に咲くことも無事クリアして大満足でした。

ハート作って咲いた!
DISHでハート作って咲いたよ!

アンダーグラウンド、この日は全くと云って恐怖を感じませんでした。抉られてずぶずぶと闇に引きずり込まれるような感覚が全くなかった。
広いステージでの突き抜ける感があったからこそなんでしょうか。

ディスコビートエモーションは今まで聞いた中で一番すんなり入った感じ。これってこんなに切ない感じの曲だったんだ・・・

メロウイエロウは、全編を通して逆光。

顔とか表情とか一切見えないけれども、暖かみのある黄色い逆光に包まれながら、しびさんの感情の赴くまま絞り出すような歌声や爆音に切なくて切なくて胸が締め付けられた。

余韻に浸りながらも、はける時にコウヘイくんのスカートの裾を持ち上げて挨拶という高度の技にしっかりと萌えた私乙。

◆emmuree

な・・・なんだこのテンションの高いあんむれは!
おばあさんこんなに張り切ったむれは見たことないよ!!

かつて見たことのないほどのアグレッシブな想さんにオッタマゲタ。

今まで身の丈に合わない会場選びをするヴィジュアル系バンドを多く見てきたこともあり、あまり会場の規模やネームバリュー等は考えてこなかったけれども、やはりバンドにとって敷居の高かったりなかなかステージに立つことができない会場ってあるもんだなーと思いました。

朋さんのベースの音が好きすぎる。
ヴィジュアル系のベースの中だと一番好きかもしれない。
音もフレーズも全てが惚れ惚れしてしまいます。

終わる時に、想さんがぅおーい!って叫んでオッタマゲタ再び。
ちょ!想さんそんなキャラだったの?!

私が思ってたよりもウエストで演れたことが嬉しかったのねと思うとなんだかとてもほほえましくなりました(笑)

◆the fool

本当にこのバンドは見る度にライヴが楽しくなる。

あの輪の中に加わったらもっと楽しくなるかもしれないけど、遠くで全景を眺めているだけでも十分楽しいので暫くは遠くでニコニコしながら見ていたいなと思いました。

Gちゃんのパフォーマンスは本当に華がある。
若者らしいきらめく生命力だったり溢れるエネルギーを余すことなく表現している感じ。
だから見ていると元気をもらうしとても楽しい。

何時もは客席に水を吹く水を今度は客席じゃなくてだいさんに吹いて爆笑www

まだ正式に契約書にサインはしてないけど、海外のイベントに出演することアルバム?を発売すると云ってファンの子たちに嬉しいだろう?もうずっと云いたくて仕方なかったからね!みんな海外にも来てよー!と駄々っ子のように云うGちゃんが大変可愛かったです(笑)

◆dieS

SET LIST
1.NO DRUG
2.シャーマン
3.Scar・to・low・now・YOU・ME
4.天使
5.highー裸ーnight
6.バーサーカー

みーじーかーいー!!

主催なんだからもっとやってよ!!と思わざるを得ないような曲数。

でもあらせのテンションが始まった瞬間からヒシヒシと伝わるくらい高かったのでいいか(笑)

ノードラッグ始まりはやはり安心するというか高揚感がハンパない。
あのキラキラした電子音が鳴り響いた瞬間のワクワク感は薄れることはないと思う。

天使が聞きたいと思っていたので、この日は天使が聞けてとても嬉しかったです。

みんな誰かを思い思われながら生きてる。
そのような言葉をあらせが云ってた。

身からでた錆で気分が滅入ってて母に励まされっぱなしの最近だったので、この言葉はすごく心に沁みました。
与えられるだけでなくて与える人間になりたい。私も誰かにとっての天使になれたら最高の人生だわ。

しんみりした話はここまでにして。

続シャーマン的な告白は、7月から続見る幻に毒を盛れツアーが始まることとそのファイナルとして12月4日に下北沢モザイクでワンマンがあるということでした。

重大発表という文字には何時も過剰に反応してしまう私ですので、嬉しいお知らせだらけで本当にほっとしたと同時に純粋に嬉しかったです。

そんなメンバー(というか主にあらせが)も私もハイテンションのまま、ハイラナイトへ突入。

青い瓶飲むの久しぶりに見た!
あらせが最前の男の男性にマイク向けてヴォイヴォイと云わせようとして爆笑した。

個人攻撃はやめてください(笑)

みずきさんは何時もアグレッシブだけど、この日は特に動き回ってたような気がします。
本当によく体力持つなーと妙に感心。

この曲じゃなかったのかもしれないけど、こーじさんもセンターに出てきたりとよく動いたので、あらせだけでなく他のメンバーのテンションも私が思ってた以上に高かったのかもしれませんね。

バーサーカーで、頭ちょうだい!ごちそうさま!頭ちょうだい!ごちそうさま!!という、あまりにも斬新な煽りに爆笑し、更には腰を痛めるぜ!と叫んで折りたたみを始めるあらせに腹筋死亡のお知らせ。

wwwwwwwwwww

ひたすら笑顔で拳ふり挙げてヘドバンしてたらあっと云う間に終わってしまった。

やはり短い!!

◆セッション

大豆が終わってメンバーがはけて行って間もなくしてメンバー再び登場。

そしてあらせの紹介と共に他のバンドの皆さんが出てきて、一気に狭くなるステージ。

メンバー紹介で出てきた想さんがあらせの面と向かって肩に手を置きながら「俺もお前と狂いたい・・・」と云ったらあらせが素で驚いたのか、「あらーいいわ」と女の子というかおかまになってどうしようかと。

とりあえず草生やしておくか(゜∀゜)

wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

セッションでは、BUCK-TICKのJust One More KissとMCMの神歌をやりました。

あらせが「口づけを・・・ジャストワンモアキス・・・」と曲名を云った瞬間あまりの嬉しさに思わず絶叫。

きゃああああああああばくちくぅうううう!!

しつこく、セッションでばくちくやってください!!とお願いした甲斐があったわ(感涙)

あらせが歌いだした瞬間リアルに腰抜かしかけた・・・(ゴフッ
想さんの歌うばくちくもさすがでした。

神歌では所在なしげにうろうろする想さんがかわいかったですw

それでも自分のパートになると、A4用紙にびっしりと大きい文字で書かれた歌詞を見ながら神歌を熱唱する想さんはなんだかとても面白かったです。

私は忘れない。しびさんに向かってエアギターしたり千住観音する想さんを…

満面の笑みで助走つけてダッシュしてあらせの背中におぶさるGちゃんが可愛くてどうしようかと。
なにあの可愛い生き物。

恐らくこのセッションで一番はじけたのは客ではなく、メンバーだろうというくらい皆さん本当はっちゃけてました(笑)

本当こんなに楽しくていいのかと思うくらい始まりから終わりまでがっつり楽しめた素敵なライヴでした。
会場もかなり埋まってたし、本当いいイベントでした。

主催者の大豆と出演バンドの皆さんに感謝。

お疲れさまでした!!

9mm Revolutionary Tour 2010追加公演 SET LIST

1.3031
2.Cold Edge
3.Living Dying Message
4.Invitation
5.(teenage)disaster
6.光の雨が降る夜に
7.Wanderland
8.Wild Pitch
9.Heart-Shaped Gear
10.Black Market Blues
11.命のゼンマイ
12.The Revenge of Surf Queen
13.Finder
14.The World
15.キャンドルの灯を
16.Termination
17.Beautiful Target
18.Talking Machine
19.The Revolutionary
20.Lovecall From The World
E.C
21.Discommunication
22.Supernova
23.Punishment
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。