スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜中誤字が気になって、でももう布団の中にいるし、寒いしでぱそんこつけるのが億劫で携帯で直しちゃえ!と思っい直そうとしたら、何故か記事が消えてしまいました(゜∀゜)

神様なんていない!!!

文章力がないと嘆いても、自分でもうわーこれはないなぁ…と思った記事であったとしても自分で消したのではなくて勝手に消えてしまうのは悲しいもんです。

相変わらずツイッター三昧で、その弊害で長文が書けなくなっているとずっと思い続けてきたのだけれども、ブログを更新してない原因は他にあるのかもしれない。

最近は卒研で、もう文字書くの嫌だぁあああああ!!!ってなってたので更新してませんでしたけれど。


恐らく自分の中で完結してしまってると思います。
文字で誰かに何かを伝えたい!あれやこれやと語りたい!って欲求が減退している気がする。


ライヴの感想なんて結局主観でしなくて、自分の感動したポイントが他人にとってはどうでもいいことであるかもしれないし逆もしかり。
後で読み返してみると、当時の自分はああいう風に思っていたなということが分かるのでなるべく書いておきたいのですが、気がつけば書かずに終わることが多い。

そういえば、ここ最近の自分のDISHへのはまりっぷりが凄くてちょっと笑っちゃいました。
いつからこんなに好きになったんだろうね…自分でもよく分からない。

3月のモザイクはdieSとDISH目当てで行ったのだけは覚えてるけど(笑)
ということは少なくとも3月の前からは好きになっていたということだけど…本当いつからだろう(笑)

人生何があるか分かったもんじゃないですね!

大豆のカウントダウン凄く楽しみです!

以下は完全にチラシの裏なのでそういったの苦手な方は回れ右!

続きを読む

スポンサーサイト

白目

卒研をポメラでポメポメしていたら、キーを間違って押してしまい、それまで書いていたものが全て飛んでしまいました。
外だということを忘れてうっかり叫びそうになったさ!
ああなったとも!!(泣)

いやしませんでしたけど。
僅かに理性が残ってくれて助かりました。

データが途中で飛ぶというのは文章よりも、グラフィックはしょっちゅう経験したいたのですが。
大昔趣味で絵描いてぱそんこで色塗りしていたら、まだ保存していないのに途中でぱそんこが固まって本当なんど悲鳴をあげたのやら…
しかもこれはいいぞ!いい出来だ!っていうところでよく固まりやがるんですよね。

神様なんていない!!



卒研のことがやっと現実問題として迫っていて、本当今更すぎる感じですが、焦ってきてます。
提出期限が一月の初旬だから、本当目の前に迫ってきている。

ああどうしたらいいんだろう…

話の展開をどうすればいいのかが分かりません。
そもそもプロットもなにも作らずに行き当たりばったりで書いている時点で全てが終わっているような気がしてならないけど、今更どうにもならない!(しろよ)
まだ設定固まってないとかもう泣くしかないよね!(一月初旬提出です)

どこまで話を盛り込んだらいいのか分からなくて迷ってます。
あまりマニアックなの入れてもあれですし、困った困った。

ああー頑張れ私!!

池袋の風になった日

11/30
手刀八周年記念公演最終夜
LUNATIC NEO TOKYO -3man-
ヴィデオグラマァ/MUNIMUNI/DISH
open 18:30 / start 19:00

手刀に向かう前に個人的に爆笑するような出来事があって、腹を抱えながら元気に手刀ドームへGO!
思ったより人が多くて嬉しかったです。

◆munimuni

何度見ても実体が掴めない。

いつもね、なにかしらのフィルターを通して見ている感じがするのです。
照明がほぼ全編逆光だからか余計に現実感が希薄。
自分の目で見ているし音を聞いている筈なのに、生で見ているという感じがしないのだから不思議でなりません。

限りなく苦行に近い。
嫌いとか興味がないからという意味からではないんだけど、見ていてだんだんしんどくなります。

そういった意味ではあんみゅれに通ずるところがあるのかも。

しかしめまい様はいつ見ても本当ザ・ヴィジュアル系!だな。

◆ヴィデオグラマァ

フライヤーではよく見るけど実際見るのはこの日が初。

フライヤーだけ見た感じだとヴォーカルが竜太郎さんみたいな子だなーという印象だったのですが、いざ実物を見たら、間瀬と竜太郎さんのキメラでした。

外見は本当に間瀬!って感じなんだけれども雰囲気が凄く竜太郎さんなんですよ。
あとステージング要素的には石井さん入ってたかな。
とにかく、そのあまりの見事なキメラっぷりは最早感動の領域でした。

ギターの人のお襟巻きトカゲ的な襟が気になりました。
ベースはコックのような衣装。

一曲目のギターのリフがスモークオンザウォーターだったのですが、あれはサンプリング的な何かなんでしょうか。
著作権のことはよくわからないのですが、あれ著作権的に大丈夫なの?と思いました。

このバンドの感想を一言で述べるのなら、カ●ガリ大好きなんだね!

本当これ以上の感想が思い浮かばないくらいカリ●リリスペクトでした(笑)

ファンのノリがもの凄く今時でちょっと驚きました。
曲とノリが若干合ってないような気がしなくもなかったけど、みんな楽しそうだったのでいいか!

◆DISH

~S.E~THE CURE「LOST」
1.ドレスフラワー
2.LIVINGDEAD GIRLFRIEND
3.バリア
4.DISCOBEAT EMOTION
5.プラネタリュウム
6.インダストリアル ハニィ
7.箱舟
8.メロウイエロウ

E.C
リストカットベイビィズ

転換中に聞こえてきた硝子の肖像→eve→エロトピア→インソムニアのイントロに笑い崩れる私たち・・・

自重・・・しなくていいですいいぞー!もっとやれー!

ああああああああ!!!!
これだ!これだ!!
と思わず叫びたくなってしまったくらいこの日のDISHは凄くよかった。

イベントだと、短い時間でそのバンドのカラーを打ち出さなくてはならないし、その上新しい客も獲得するといった意味で、バンドーのカラーは出しつつもあまりマニアックにならないような、語弊があるかもしれないけどキャッチな曲中心という、どうしてもセットリストが固定されがちになってるのがあって。

もちろんそれを否定するつもりはないし、それはそれで素晴らしいと思うんだけれども、回数を重ねると、どうしてもとマンネリ感は否めない訳で。

だからこの日の選曲が本当に嬉しかったです。

冷蔵庫の中の君も愛しているという台詞から始まるのが本当好き。
冷蔵庫の中にいるって暗いし冷たいし独りきりだしで、とてつもなく恐ろしいイメージなのに、曲調は明るめなんだからあまり悲しさを感じないの。
冷蔵庫の中にいても、愛しているよ独りではないよということを云ってくれる誰かがいるからかなとぼんやり思った。

普段歌詞カードは放置プレイのみねさんですが、これは本当に早く歌詞を読みたいと思いました。

バリアと箱舟は両方とも本当に大好きで。
この頃聞けてなかったから(私の記憶が正しければレプとのツーマン以降どちらも聞けてない)どちらか一方でもいいから聞きたいと思っていたのです。
それがまさか両方とも演ってくれたものだから本当に嬉しくてたまらなかった。
バリアをやった時には嬉しくて自然と笑顔がこぼれて、箱舟のイントロがなった瞬間嬉しさやこみ上げてくるもので笑ってるけど泣いているというもの凄くあれな顔になってしまいました(笑)

箱舟は、僅かに聞き取れる歌詞から考えるに、心中する二人の歌なんだろうけれども、切ないながらもどこかしら穏やかな感じがするのです。
心中するが故の達観なのかそれとも絶望の末全てを諦めてやっと楽になれるという心境からくる平穏がそう感じさせるのか。

よくわからないけど、曲調からは切ないんだけれどもあまり絶望は感じないんです。
私はね。

インダストリアルハニィはやっと通常営業って感じ。
ほら、この前はひろしさんへの宣戦布告だったしぃー大手山さんの誕生会では公式宣言だったしぃー(髪の毛くるくる)
要するに非常にべーこんれたす的なね。

インダストリアルハニィは、のっかりに行った方が勝ち。
お祭り騒ぎなんだからバカになれた方が楽しいのさ。
通っているバンドの特性上、普段はやらないというかやることのない咲きやハートを飛ばすということを、これまた絶対似合いそうにもないDISHでやるからこそ、面白さ陪乗なんです。

この日のコウヘイくんの一言タイムは
「誰も電話もメールもくれない!」
半べそかきながらとても悲しそうにそれを云うコウヘイくんが可愛すぎて可愛すぎて(以下自主規制)

\もう!/

しびさんや・・・「それがお前の人気なんだよ」というつっこみをするのはやめなされ(笑)
本当大人げないwww

メロウイエロウの逆光が凄く好きなんです。

DISHは全編通しての逆光でも全然いけるというかそちらの方が似合っている気がするけれども、ただでさえエグいし怖いのに全編を通しての逆光だったら、恐らく見ているこっちの神経が確実に参りそうなので、やはり一曲か二曲くらいでいいのかもしれない。

でもメロウイエロウに関してはずっと逆光でいいと思いました。

最初はやはり黄色のイメージが強かったけど、今では淡い黄色と淡い青と漆黒という感じ。
曲を色のイメージで捉えたことは今まで一度もないのだけれども、メロウイエロウはタイトルのせいもあってか、色のイメージが強い。

アンコールはリストカットベイビィズ。

余談ですが、珍しくというか初めて?時間通りに演ったらしいです。
今まではいつも最低でも5分とか押してたらしい。
嫌がらせなんですけど…†とか云うな!(笑)

この曲、この前の大塚から包帯を振るフリ?(シビィさん曰くイメージ的には湘●の風)ができたのですけど、前は事前に告知があったから用意できたものの、この日は何の告知もなかったから当然包帯を持っている子がいる筈もなく。

で、自分で用意してきた包帯をステージから投げてました(笑)

「最前優先なんで。悔しかったら交渉して最前入ってください・・・」
という恐ろしい台詞を聞いた気がするのですがきっと気のせいでしょう。うむ。

何というか、前方の一角で包帯を振る光景は異様でした(笑)
一部だけ見てもそう思ったから後ろで全体図で見たら、相当凄かったんだろうな。

次は事前に告知してくださいね!
ちゃんと用意しますよ・・・†

アンコールが終わって「あんたたち良かったわよ」と青さんのモノマネをしながら捌けていくシビィさんに大爆笑。

本当この人は次から次へとネタを投げてくるんだから!

出されたネタには全力で乗っかるし拾います・・・†
どうもばんぎゃるです(キリッ)


お疲れさまでした!

渋谷さん風邪早く治してくださいね。

二十歳わず!

3日、今年 も 無事に二十歳を迎えました。
ツイッターで沢山の方々に祝っていただけて本当に幸せでした。

プレゼントは随時募集中だよ(*ゝ∀・*)-☆



話がだんだん私が帰国の方向へと纏められていってどうしましょう的な。
いや、帰って家族と一緒に過ごしたい思いは強いですよ。

流石に一人で海外生活は何だかんだで寂しいし辛いものです。
恐らくばんぎゃる活動してなかったらとっくに帰ったんでしょうね。

今絶賛家族と一緒に過ごしたいVSばんぎゃる活動がしたいの気持ちです。

ああもう永久就職がしたい!!

全力で逃げた方がいいと思います

11月20日
dieS TOUR2010”続・見る幻に毒を盛れ”
「ANGEL JESUS dieS in EDEN」2days
-OBSESSION in ANGEL-
PLACE:THE LIVE STATION
dieS/SUICIDE ALI/uBuGoe/gaudie.
[O.A]大亮
open 17:30/start 18:00

大豆主催2Days初日。
こんなに待ちわびていた主催も珍しいくらい本当に楽しみにしていました。
大豆とスイアリを二日続けて見られるなんて何と云う贅沢!

ライヴステーションは、電波が入らないのと逃げ場がないことを除けばなかなかいい箱だと思います。
何より駅からすぐってのが高ポイント。
でも逃げ場は欲しいな(ボソッ)


◆「O.A」大亮
~SE~NO DRUG
1.ANGEL JESUS dieS in EDEN
2.天使

荒瀬と亮さんのアコースティックユニット。
やっと見れた!!
8月のは実家に帰っていたため見れなくてハンケチーフギリギリでしたの。

ノードラッグのSEにあわせて登場した亮さんと荒瀬。
荒瀬はまるでスキップするような足取りで登場。登場シーンだけで笑いを取るとか変な人w

まぁそんなことはどうでもよ…くないけど、とりあえず置いといてですね。

お二方が登場した瞬間、あまりのあまりさに思わず悲鳴あげそうになりました。

二人とも黒の浴衣だと・・・・・・

うわぁああああああああああ!!
生きててよかった!おれ生きててよかったよぉおおおお!!!!
この季節に浴衣とか季節ガン無視だろうという無粋なつっこみなどしてはいけません。
いいのです。そんなものは。大事なのはあらせと亮さんが浴衣を召しているということであり、私はそれに不適切な言葉を羅列してしまうくらい萌えあがったということなのです。

また亮さんが凄まじく浴衣が似合っていてね…(ポワポワ)
二人の背後にずらりと並んだ縁日の屋台や金魚すくいの幻影が見えたのは私だけではないはずだ!

(しばらくお待ちください)
(しばらくお待ちください)

OAだからか二曲しかやらなかったのは残念でならないのですが、すばらしいものが見たので本当にありがとうございます。

天使が聞けたのがとても嬉しくて。
天使大好きなのに、ここんところイベント続きでなかなか聞けなかったので、聞けて嬉しかったです。
アコースティックだとまた雰囲気が違うね。
個人的にはどちらかと云うとバンドサウンドの方が好きなのかな。
でもやはり綺麗。この曲の素晴らしさが損なわれることは決してない。

荒瀬先輩はなんと待ち合わせ時間に2時間30分遅刻したらしいです。

何でも亮さんは、2時間30分待った後にようやく電話をしたんだとか。
寝ていて電話で起きたらしい(笑)

「彼は2時間30分も寝かしてくれました!」
という荒瀬の台詞に
「2時間30分待ちました」ニコっと笑いながら云う亮さんの器の大きさに涙が止まりませんでした。

ああー!なんて出来た人!!(感涙)

「今日は最後まで楽しむのではなくて疲れて帰ってください」という荒瀬のMCを聞いて爆笑した後に、はじめての日本語(外国人が日本語学校で使う教科書的な本)を差し入れした方がいいのかなと真剣に思ったのは秘密だよ(*ゝ∀・*)-☆

◆SUICIDE ALI

次の日もあるし、この後には大豆が控えているのだから、暴れるのは程々にしておこうと心に決めるも、畳みかけてくるヘドバンナンバーに自然と首が動く動く。

うん!自重無理!(満面の笑顔)

ひたすら暴れる系のバンドの音楽はあまり得意ではないのですが、スイアリは好きです。自ら進んで暴れに行く。

それはもちろん曲調が量産型の拳系バンドのそれではなく、絶妙な古くささや陰鬱な感じがあるから好きということもあるのですが、スイアリは拳系バンドにありがちな暴れることを強制されることがないというところが好き。

ステージと客がお互い好き勝手に暴れる。
ステージにはステージだけの世界が、客席にもまた客席だけの世界があってその距離は埋められそうで決して埋められることはない。

その絶対的な距離感があるからこそ、私はスイアリが好きなんだろうなーと改めて思いましたの。

どうでもいいことですが、私みんな一つになろうぜー!などと煽られると全力で冷めてどん引きします。

そういえばごーしの髪の色が金髪に近い茶髪になっていて驚きを禁じ得ませんでした。
えぇええええええええええええ?!?!

ななななななななな何があったの?!?!

高校デビュー?(゜∀゜)(ファイフィールシーアに高校があるのかどうかは知りませんが)
黒髪萌えのわたくしとしてはそれはもうショックすぎる出来事でした。しくしくしく。

春泥さんがですねもの凄くテンションが高くてですね、何があったパート2。

にやにやしててぴちぴちしてた。
まぁなんて活きの良いお魚さん!

ってかまさか笛吹童子が聞けるとは思わんかった!
悲しい人はいない?というナレーションが流れごーしが笛を持った瞬間客席がざわついた。

ああーあの笛やコサックダンス的な動き久しぶりに見た!

らびしゃんのターンがものすごく綺麗に決まっててきゅーん。
ずっとらびしゃんのターン!

荒瀬センパイ・・・誘拐ごっこの時に舞台の袖でフリしないでくださいwww

にーげーなーいでー!(春泥さんは逃げた方がいいと思うけど)

FSでわっちゃわっちゃになって終了。
いいスポーツでした(満面の笑みで)

◆dieS

1.シャーマン
2.分身
3.Matador-マタドール-
4.Scar.to.low.now.YOU.ME
5.天使
6.侵入
7.MA(裸)RIA
8.バーサーカー

客電が落ち幕が引かれた状態で、見る幻に毒を盛れーというアカペラからシャーマンスタート。

この始まり方とても好きです。
凄くワクワクする。

実はですね、スイアリの次に大豆とかおいあなたちもうちょっとこちらの体力も考えて出順決めてくださいゴルァと思ったのですが、幕が開いてお立ち台に乗ったあらせを見た瞬間全ての疲れが吹き飛びました。

すすすすすすすすすすスーツ姿のあらせだと・・・?!

(しばらくお待ちください)
(しばらくお待ちください)
(しばらくお待ちください)

おれ生きててよかった!生きててよかったよママーーー!!!!


シャーマンは本当に宗教儀式のようだ。
どれだけ疲れてても、音を聞くと自然と体が揺れるという、トランス状態に陥ったようになる。
たとえスイアリで体力消耗した直後だろうと全力投球です(キリッ)

大豆の曲はどれも大人の色気が漂っていると思うけれども、マタドールは特に色気を感じます。
なんだろうな…哀愁からくる大人の色気というのかな…
特にこの日は荒瀬の衣装がスーツだったてのもあってか、本当漂う色気がハンパなくて!!

大人の色気美味しいです(^q^)

大亮でやったからもう聞けないのかなと思った天使がまた聞けたのが本当に嬉しくて。

逆光の中で歌う荒瀬の姿が本当に綺麗すぎて。

神々しいというのは違うのかもしれないけれどもそれに近い感じ。
エネルギーの塊のような、誰よりも生命力が溢れる荒瀬なのに、この曲だと、凄く儚げで触れればふっと消えてしまいそう。

また天井に張り巡らされた電飾が一斉に光りだしてて、大袈裟だけれどもまるでイルミネーションの中にいるみたいだなーと思いました。

いつもは「家に帰りたくなーい!」だった煽りがこの日は流石に二日連続主催だっただけあってか、
「家に帰らなくてもいいんですけど、どっかで泊まっててください」と云ってたのが印象的でしたw

目黒で野菜を食べたーいー!頭ちょうだいー!
という謎の煽り?でバーサーカーへ。

ああもうこれ以上暴れるの無理!おばあさん体力ない!と思っても、イントロが鳴ると同時に自然と動く頭や腕。
なんかね、笑顔であはははははー無理ー!と云いながら暴れているって感じでしたのん。
うわー危ない人だ(笑)

清く正しくお前と狂えました!

●セッション

1.Just One More Kiss/バクチク
2.神歌/ザマッドカプセルマーケット

荒瀬が各バンドのメンバーを呼び出しセッションスタート。
皆がラフな衣装なのに、なぜかスイアリだけがフルメイクにフル衣装といういでたち。

それにしてもまぁ何という予想通りの曲なんでしょうw
予想全て当ったよ!(゜∀゜)

しかし予想できていたとはいえ、荒瀬の歌うジャストワンモアキスはやはり破壊力抜群でした。
歌いだし聞いた瞬間、リアルに腰を抜かしまして。
ああもうなんというさくらいあつしなんでしょう!

らびしゃんが思いの外歌がうまくてびっくり。

この大セッションは客よりも出演者が大はしゃぎするというイメージが強いのですが、案の定この日もそうでしたw

楽しみすぎて記憶が大変あやふやですが、あらせが主にスイアリチームにちょっかいをだしていたことだけは覚えてます(笑)

しかし誰がなんと云おうとこのセッションの一番の真打ちは神の子ビットアルバディーウことごーしさんでしょう。

あらせにしつこくちょっかいを出されて、そのお返しに?柔道のような技をかけたかと思うと、なんとまさかあらせをお姫様抱っこするごーし。

お姫様抱っこされたまま客席に投げ出そうとした時、弱弱しい声で「やめて」と素で慌てる先輩がまたおもしろおかしてく。

ちょっと草生やしておきますね!

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


セッションが終わって、暴れすぎたぎりすぎ笑いすぎによる疲れがどっと押し寄せてきて大変でしたが、精神的には大いに満たされました。

一日目からこんなに楽しいとか次の日私どうなっちゃうの?という幸せな心配をしながら帰宅。

一日目お疲れさまでした!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。