スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救いようがない

LOVELESS 8月23日@池袋 手刀

並びたくないので、それなりに遅めに行ったのに長蛇の列が出来ていてびっくり。
ああ…そうだった。この日土曜日だった。で、山羊だった。

で、並びに並んで結局開演ギリギリになって中に入れたのですが、いざ入ってみたらそれ程ギュウギュウではなかったのにまたびっくりしました。

で、ちゃっかりと限定本のLOGをゲット出来ウフウフ。Pさん有難うございました!!

◎Suicide squad

こんばんは。DMCです。デタラメ・マザコン・チェリーボーイです。

何て絶望的。

救えねーー!!

白塗りの目や口の周りを黒く塗りたくった、デスメタル?ハードコア?バンドでした。
結成10周年だそうな。
ジャギー様と云われた人はアウェーでひかれまくってるのが凄く楽しみだって云ってました。

◎ドガドガカニバリズム
黒スーツに黒頭巾被って紐で絞って強盗みたいないでたち。

メンバー全員で前に出て各々がなり声というかしゃがれ声みたいな感じで歌というにはあまりにあれな、まぁ奇声を発し、それが終わってそれぞれのパートへ。

ハロウィン?ブラックメルヘン?
見も蓋もない云い方をすればエンターテイナー性や楽曲のレベルがかなり低下したキャンディーみたいな感じ。

で、真剣に疑問なんだけど、ここヴォーカル要る?
皮肉とかそんなんじゃなく、真面目にヴォーカルの必要性が全く感じられなかったけど、その変どうなんだろう。
メロディラインも何もあったもんじゃないような、似たような楽曲が続いてたもんでしばし休憩。

その後は再入場可という、非常にありがたい手刀の特性を存分に使わせて頂いてご飯買いに行ったりして休憩。

手刀って、搬入口というかステージからの出口が階段に直結していて、搬出中のバンドのメンバーと普通に遭遇したりするというやっかいな構造ですが、更に悪いことに階段に灰皿があるんです。

タバコ吸い辛い!マジでどうにかして欲しい。ってまぁ吸わなければいいだけの話なんだけどさ(苦笑)

◎THE SOUND BEE HD
格好いいロック。
の筈なんだけれども、同期が狂いまくってて、凄く聞き辛かった。
それが本当に残念でなりませんの。
ヴォーカルも結構好きな感じだったし、歌メロもいい感じだったんだけど、同期が…
何かもう時差出まくりで、あれならばいっそのこと同期切っちゃってストレートに楽器の音だけで勝負してくれた方がよかったんじゃ…と思うくらい、もう本当同期の狂いが酷過ぎました。

本調子の時にまた見たいわ。

ヴォーカルの方はダイエットをしているらしく次のライヴまで○キロ痩せると宣言してました。
身長158cmだって云ってた。
ちっちぇー!
まぁでも1ハイドは越えてるからいいじゃない?(そういう問題じゃない)

体重は男にしては普通だったような…でもダイエット頑張るって云ってたから是非成功して欲しいね!

って他人事じゃねーー!!

orz


◎9GOATS BLACK OUT

セットリストは以下の通り。

sink
690min
夜想-nocturne-
~MC~
Sleeping Beauty
in the rain
E.C
Den lille Havfrue 
float

勝手にこの日のライヴにサブタイトルをつけるならば、私は迷わず、MOEと付けることでしょう。
何故英語かって?…いや、ほら、漢字だと生々し過ぎてあれじゃん?

しかし本当に、この日行って良かった!大阪じゃなく、ここにいて本当に良かった!!と心の底から思ったライヴでした。

9ゴーツって(りょうさんのキャリアはこの際、置いといて)正式なライヴはまだ二回しかやってない、バンドとしてはまだど新人もいい筈なのに、何だろうこの凄まじさは。

この段階でこれだったら、ライヴを重ね、更なる成長を遂げた時には一体どうなっているんだろうと思うとおぞましさすら感じる。

皆それぞれのスタイルに磨きがかかってて、見所ばかりで困るわ。
何て贅沢な悩みなんでしょう。幸せだわ。

690minでのうたさんの攻撃的な雄々しいコーラスに最近キュンとしっぱなし。

この日もMCタイムではあかやさんがインフォメーションを担当しましたが、何を思ったのか突然自己紹介に走るあかやさん(笑)まさかの関西弁に驚きつつも、色々なことが知れて面白かったです。
あかやさんが思いのほか、長い間喋ってて、何度もりょうさんが話そうとしてるもまだ終わってないので、話し出せず、ステージでうろうろしている姿はとても可愛らしかったです(笑)

MCタイムは、ゆるゆるとしたアットホームで楽しい雰囲気だったのに、いざ曲が始まるとすぐに曲の世界に引き込ませてくれる。
嗚呼ー私この感覚知ってるわ。格はこちらの方が断然上だけれども、嘗てそれが出来たバンド知ってた。

「貴方のところに悲しい雨が降りませんように」の台詞で始まったin the rainは本当綺麗。
是非、この曲は音源化して欲しいです。ずっと何時までも聞いていたいの。

in the rainが終わってステージの照明が落ち、本編終了。

さて、参りました。本日最大のMOEポイントであるアンコールタイムが。

暫く拍手とアンコールの掛け声が相まってる中、ステージが明るくなり、まずあきさんが登場。
客席から沸き起こるメンバーコールにとても嬉しそうな顔で笑うあきさんが可愛くて打ち抜かれるの巻きその壱(笑)
それからあかやさんやはちさんうたさんの登場で、それぞれメンバーコールが起こったのですが、何とりょうさんの時だけコールなし(笑)

…いやね、果たしてりょうさんにコールしていいのか。もしもコールしたらりょうでいいのかな。いやでもしかしりょうと呼び捨てるのは気がひけるしな…でもメンバーコールなのにさん付けはおかしいよな…という思いが頭の中で堂々巡りしてしまい、うっかりコールするタイミングを逃してしまったのですよ(笑)
多分会場にいた他の人も似たようなこと考えてたんだと思う。

で、そのことに拗ねたかのように、登場してすぐに搬入口の方に歩いていくりょうさん。

それでようやくりょうさんコールに必至になる私を含めた客の姿は面白かった(笑)

で、メンバーコールを聞いてステージに戻るも声援が足りないよという風に、今度は下手に向かって歩くりょうさん。

またコールに必至になる客。

何と云いますか。

嗚呼ーこれがMOEというものか…と改めて思い知らされた気がした茶番劇でした(笑)

そして封印しようとしたと云った割りにまたやるのはあれですけど、と云った後、人形姫スタート。
本当にうっとりしながら聞き入ってた。
この曲は特に幻想的な雰囲気が素敵で、ずっとその歌の世界に浸っていたい。終わらなくていいのにとすら思ってしまう。

人形姫が終わり、これで終わりなのかなと思ったら

「と、前回(19日)のライヴではこれで終わったんですけど。メンバーが19日の激しい感じのライヴがとても気に入ったのでもう一曲やってもいいですか?」と茶目っ気たっぷりな口調で告げるりょうさん。

もう一曲聞けるなんて嫌な筈などありません!!

そして激しさがもっと増して、更にアグレッシヴになったfloatで全てのライヴ終了。

ライヴが終わり、ドリンク交換して幸せな気分で帰ろうとするもちょっとした事件でテンションガタ落ち。

手刀は、専用の搬出口と関係者隔離席を作るべきだと思います!!

でもやはりライヴは非常に格好良かったので、何だかんだ云いつつも、本当に行ってよかったと思いました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。