スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一万と二千年前からあいしてる

オトノクスリ箱034
リスクノオト創刊10周年記念祭

SUICIDE ALI/THE SOUND BEE HD/GPKISM/dieS/the fool/SaTaN/Calmando Qual/ギャロ

OPEN 16:30/START 16:45


スイアリインストに突撃した後大塚レッドゾーンへトルネードイン!
楽しいイベントでした。紛れもなく楽しかった。

だがしかし、長ぇーよ!!

あ、10周年おめでとうございます。


◆ギャロ

依然見た時はカバーばかりやっていたので本業のバンドを見るのはこれが初めて。

ベースの髪型が非常に立派なリーゼントでした。しーたん?!

なんか演奏が全てバラバラに聞こえた感じ。
あとボーカルがあまり好みでなかったし曲調もそれほど印象的なものはなかった。

ボーカルが上手のアンプの上に置いてあったブライスの人形で一人芝居をやってたけど、正直ブリザードが・・・

うーん。見るの若干辛かったなー

◆Calmando Qual

ヒビキさん素敵!
今のコンセプトである、シアトリカルホラーショーに充実に則って、芝居口調で語るヒビキさんが素敵すぎてまたもや打ち抜かれるの巻。

「おっと、逃げようとしてもドアには魔法がかけられちゃったから逃げられません。」

ミスターKことケンカさんはMCタイムでマイクスタンドを持ちながら何故かセンターに移動(笑)
そのせいかヒビキさんは自分のマイクスタンドを持ち、下手に移動。
ちょwww

ケンカさんはお客さんが優しくて同様してうっかり素が出そうになったと云ってましたが、目が泳いでたような気が(笑)

マヤさんのメイク超かわいい!
ジャック!ジャック!!あのメイクはマジかわいい!!

タクさんのギターは相変わらず素敵。
あの音が大好きなんです。

セットリスト自体は大して変わってなかった気がする。
このショーを構成する要素としてセトリを変える必要はあまりないということかしら。

個人的にはこのコンセプトが大好きなのでずっとこれで行って欲しいなと思いました。

◆SUICIDE ALI

ギターの音出しが聞こえなかったせいか気合い入れが珍しく遅れる。遅れるというか始まる直前にやっとできた。

気合い入れて行くぞー!ヴォイ!!

らびしゃんのあんよ(with網タイツ)が眩しすぎて直視できませんでした。

インストでスティッチドールの動きの解釈を聞いてから見ると、なるほどなーって感じ。
確かにあのカクカクとした動きは人形って感じでした。
人らしい動きではない。

このバンドは発想力やそれを具現化できる力に本当に優れていると思う。

ただ暴れ一辺倒の曲だけでなく、暴れる曲の中からも陰鬱な要素が散らばっているから素敵。

FSで盛大に暴れて終了。

いいスポーツでした(笑顔)

◆the fool

ロビーでふらふらしてたら始まってて、とりあえず水分補給してから中へ。

入ってびっくりした。

ザフールの曲なのにヴィジュアル臭を放っているだと・・・!?

何となくだけど、このバンドはいわゆるこういったヴィジュアル系の王道っぽい曲はやらないってイメージがあったので正直驚きました。

んで、ぐんじちゃんの衣装が何時ものフード付きのノースリーブではなく、黒のシャツなのにも驚きました。
いいねーこういうシックな黒シャツも。

MCで、リスクノオトの親ばか選手権で自分が飼っているうさぎのゆめじちゃんが第一位に輝いたということを寸劇付きで発表するぐんじちゃんがとても可愛かったです(笑)

客席に水吹きましたが後ろにいたので大丈夫でした。
水害対策は怠らないぜ!

◆THE SOUND BEE HD

和風のBGMと共に登場。

タクさん二ステージお疲れさまです!

今度のヴィジュアルコンセプトは和ゴスだけども、英詩を多用しているし曲調も煽りもノリもどちらかと云うと洋楽風。
そのアンバランスさも魅力の一つであると思いました。

しかしよく考えるとゴスそのものが元は西洋のものだから、和ゴスという和洋折衷のコンセプトと洋楽風な彼らの楽曲はそれほど矛盾してないのかもしれないなー

だいすけさんの力強い歌声はいつ聞いても素敵。
まさに身を削って歌っているって感じが見ていて痛かったりもするけれども、好きです。

しかし本当にお体には気をつけていつまでもステージで歌声を聞かせてくださいませ。

◆dieS

SET LIST
1.シャーマン
2.Scar.to.low.now.YOU.ME
3.MA(裸)RIA
4.birth
5.侵入
6.バーサーカー

ものすごく短かった気がしたので、6曲もやったなんて信じられない。
それくらい楽しかったってことでしょうか。
でも本当すごく短いと感じました。


このライヴがあった次の日が大豆結成5周年ということで、大豆としてステージに立った時、一番最初にやったという曲のbirthをやりました。

素晴らしかった。

私がbirthを初めて聞いたのは、ワンマンで、その時はいまいちピンとこなかったけれども、この日はとてもすんなり入ってきてやたらと感動したのを覚えている。

大豆に関しては(大豆に限らないけども)どどどどどど新規の私ですので、5周年の重みだったり共に歩んできたが故の感慨深さなどは感じなかったけれども、それでも十分素敵でした。

バーサーカーの煽り、この日は「頭ちょうだい!ただでちょうだい!」

最近あらせの中で頭シリーズがブームなんでしょうか(笑)
おもしろいので個人的にはこのシリーズ続けて欲しいです(笑)

バーサーカーのイントロで巻き舌的なシャウトをあげるのがとても好き。
聞くと物凄くテンションあがります。

どれくらいテンションがあがるかと云うと、スポーツや長時間立ちっぱの疲れもなんのそのものでスイッチ入っちゃう程にはあがります(笑)

ああー大豆楽しいなー本当楽しいなー!

◆SaTaN

開始時刻が十時をすぎてるだと・・・!?

ミスターサタンの衣装がマジパネェでした。

上半身は、金太郎みたいな赤?オレンジ?の網状のものを着て下半身はホットパンツ。
なんだあの卑猥衣装は!!

ひいなたんが白塗り美少女ロリータになってました。
何あれかわいい!

ステージやパフォーマンスが凝っているので曲が全然好みじゃなくても楽しく見られるのがいいなーと思いました。
中々優れたエンターテインメント。

本編が終わったのが11時近いという驚異的な時間だったので、アンコールは見ずに帰宅。

重ね重ね云いますが、楽しいイベントでした。好みのバンドがいっぺんに見れたしね。

ただ本当にこの時間の長さだけはなんとかして欲しい。
見たいものも見れなくなるからね。

おつおつ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。