スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それアメフトでしょう

1月22日
-Starwave Fest Vol.2-
Starwave Records presents
Calmando Qual /THE SOUND BEE HD /the fool /SUICIDE ALI /lix /FRENZY (Mr.SaTaN Solo project) /project-merrow- /XodiacK
OPEN: 15:30 / START 16:00

まずスイアリのインストへドドドド。
微妙に遅刻したから間に合わなかったらどうしようと心配したけど、何とか間に合いました。
ありがとう!押してくれてありがとう!

衣装変わってから初めてのスイアリだったので新鮮でした。
前よりは白が似合うようになった感じ。
衣装のそれぞれのこだわりポイントが聞けたのが良かったです。
でもらびしゃんが網タイツじゃないのはやはりショックでなりませんしくしくしく。

神の子の髪がだいぶさっぱりしたというかぺたっとした。ボリューム感ゼロ。
あれじゃ盛れないね…しかも限りなく金に近い茶髪…しくしくしく。

アコースティックが聞けて良かったです。
曲はPerpetual Check。

歌が、怨念というか情念がこもってて凄く良かった。
普段は楽器隊の音に消されがちなヴォーカルがアコギだけだったからクリアに聞けたことにかなり感動しましたの。

ギターに関しては…ほ…ほらみねさん独り切り裂雨さんの弾き語りに慣れてるからさ!(察してください)

握手とサイン会を終えて鹿鳴館へ。

無事に椅子も確保できて一安心。
あ、そういえばトイレの二重扉がいつの間にか二重扉じゃなくなってて驚きました。
扉開けたらすぐ外に出られるようになっていた。
これはありがたかったです。

◆Xodiac

音 が で か い ! !

ヴォーカルがうちのバンドはイケメンだらけと云ってたけど、素で、え?どこが?と思いましたすみません。

しかしとにもかくにも爆音すぎて本当耳が破裂するかと思ったので、ちゃんと見せたい気があるのなら音圧どうにかしてくださいお願いします。
ずっと片耳塞いでたんだもん。

これじゃ見れるものも見れないよ。

終わる頃にヴォーカルが客席に下りてきて、客を一人攫ってどこかへ消えてしまって驚いた。

えっ?何その斬新なパフォーマンス。

後から知ったことだけど、ヴォーカルの名前がエロスということを知って、それでいいの・・・?と思ったのは内緒だよ(*ゝ∀・*)-☆

◆ProjectーMerrowー

ヴォーカルの方が川越シェフにしか見え(ry)

デザインは違えど、深い青を基調とした衣装で統一している点は素晴らしいと思いました。

女形が二人もいるのは珍しいなと思ったけど、ドラムの方はどちらかと云うと罰ゲームで女装したような凄まじいまでの女装感が漂ってきて、でもそれが何というかまたヴィジュアル系らしくていいんじゃね?と思ったり思わなかったり。

「おはよう…人形達」という挨拶が健在だったのが何だか妙に嬉しかったです。

知らなかったのですが、元々はミサルカというバンドをやってらしたようですね。
四月からミサルカとして復活して、それからスターウェーブのお世話になるんだとか。

おめでとうございます。

◆lix.

新体制になってからはじめてのリックス。
裕さんの衣装が黒執事のしえる坊ちゃんにしか見えませんでした。
ほら身長的にもぴった…うわっいてっなにす

ヴォーカルのちひろさんって方を生で見るのははじめてだったのですが、なるほどあれは確かにロキだわ・・・

自分に酔ってるような感じのパフォーマンスだったりでかい身長だったり歌えてない感だなどなど、凄くロキくさい。

これは完全に新しいバンドとして見た方がいいかしら。
アルタイアの時も一度しか見てないから比較のしようがないような気もするけれども、少なくともアルタイアとは別物のような気がしました。

好きかどうかはさておき、個人的には前のリックスよりは聞きやすいというかとっつきやすいと思いました。

◆Calmando Qual

久しぶりのくばーる!

スリットからちらっと覗けるタクさんのあんよfeat.網タイツが眩しいです先生(ゴクリ)

マヤさんのジャックメイクが健在で凄く嬉しかったです。
あのメイク大好き!!

響さんの芝居がかった口調も健在で嬉しい限り。

シアトリカルホラーショー。

完璧に作られた空間が素敵よね。

これは完全なる虚構。
何から何まで完全なるファンタジーで非常に居心地がいいのです。

ここまでうさんくさいと、惚れるしかない。

魂を吸われて、その魂が抜けた肉体が地獄のレストランで調理されるとか完璧だなと思いました。

タクさんのギターの音はやはりクバールの方が好きだわ。
エフェクター踏む時、ブーツのつま先でちょんと踏む仕草にちょう萌えた。

おいしく魂を戴かれてショーの終わり。
素敵なホラーショーでした!

◆Frenzy

ミスターサタンのソロプロジェクト。
私がもらったフライヤーには入ってなかったけど、見せてもらったフライヤーには全裸のサタン様が写っているしで俄然ヤる気なみねさん(語弊がある云い方)

楽器隊は板付きだったと思うけど、サタン様が見あたらなくてうん?と思ってたら、なんと客席から「ふぉー!」と奇声を発しながらステージへ向かっていくサタン様の姿が…†


曲はすごく・・・マン○ンです・・・な感じでした。

いやまぁフライヤーの時点で何だこのマ○ソンは!と思ったけどね!
ヴィジュアルのイメージと曲がここまでぴったりと符合するのも珍しいんじゃないかなと。

いやーしかし本当楽しいねこれは。

次から次へと楽しみを盛り込んでくるから退屈だなと思う暇を与えてくれない。

好みとかそんなもんどうでもよくて、とにかく今はこの瞬間が楽しくて仕方がないと思わせてくれる。
これは楽しませようという意識がないとできないと思うんです。

洋楽風の音楽をやるバンドって、無駄に硬派気取ってたり悪ぶってたりと、言葉悪いけどうわーうぜぇ・・・と思っちゃうようなことも多いだけに、サタン様の気取ったり変に斜に構えたりせず、キャラクターはちゃんとあるんだけれども、妙にツメの甘かったりどこかしら抜けてる感じのその愛すべき姿にひたすらきゅんとしてました。

懺悔します。

サタン様のサタンたんがライヴ開始時から凄いことになってて釘付けになってしまいましたすみません生きててごめんなさい悪気はないんですでもごめんなさい。

ひーさまがとても楽しそうにドラム叩いてて微笑ましかったです。

いやーこれはできれば次も見たいね!

◆THE SOUND BEE HD

いつも完成されたステージ。
そのクオリティを維持するのはどれだけ大変なんだろう。想像もつかない。

そんじょそこらの若造には出せない安定感は流石です。

煽りもノリも曲も外タレのようだ。
改造和服的な衣装とのギャップを楽しむのもまた一興ではないのでしょうか。

しかし、常にハイクオリティのステージを見せてくれるからこそ、感想がでてこないというか。
つっこみどころがないというのかしら。

ああ、そうだ。
このバンドはつっこみどころがない。

私がブログでライヴ感想を書き散らすのって結局のどころ、そのバンドを見て受けた衝撃だったり感動だったり楽しかったことやおかしかったこと等を後に振り返るためのものという、云うならばチラシの裏的な日記で。

で、何故そんなことをするかというと、多くはまだ発展途上だったりバンドとして完成されてない場合が多くて、いちいちつっこみどころ満載だったりするから記録しておいて、後に成長した時にそれを振り返るのが楽しいからでもあって。

しかし、このバンドは私からしてみたら、既に成長しきっていて、これからどんなバンドになるのだろうというワクワク感だったりドキドキ感がないと思ってしまうのです。

演奏が酷くぶれる訳でもなく、歌が下手な訳でもなく、ステージングがつまらないという訳でもない。

唯一つっこむところがあるとしたらそれはセトリとMCが毎回ほぼ同じということくらい。
でもそれはつっこみ要素として入るのかといえば、そうじゃないんだよな…
毎回同じライヴを見ているようだということが私の求めるつっこみ要素かと云えば、それは完全に違くて。

格好いいバンドに違いはないんだけれども、それにプラスアルファー的な何かが欲しいと思ってしまうのは私のわがままなのでしょうか。

ううん…難しいな…

◆SUICIDE ALI

Double CheckもPerpetual Checkもライヴの方がいいなと思った。

別にCDの再現力を求める訳じゃないし、ライヴならではの表現の仕方だったりアプローチが見たいと思ってライヴに行ってる訳だから、こういうのは嬉しい。

より曲の輪郭がはっきりしてきたというのかな。
無機質っぽいけど無機質ではない、アツい感じが好き。
んでやはり私はPerpetual Checkの方が好きだわ。

絶え絶えのWhisper~

風のSlave久しぶりに聞いた!
スレイブ自体も久しぶりだけれど、録り直しバージョンを聞いたのもとても久しぶりな気がする。

春泥さんのギター間違った時のやっちゃったテヘッ☆な顔が好きです(笑)

消えてなくなりたーい!そうだろうお前ら!という煽り?からFavorite Songへ。

イントロの動機の音がなるとスイッチ入るので盛大にヘドバン・エンダ・ヘドバン…†

そしてわざわざセトリ剥がしてモニターを後ろにずらしてくれる神の子の優しさに爆笑しつつも感動しながら、いざゆかんファイフィールシーア。

土下座ヘドバンいぇーあ!!!

☆祝☆みねさん土下座ヘドバンデビュー…†

いやー楽しかった!!
いいスポーツでした(満面の笑顔)

全バンド出演のセッションではフールの曲をやってました。
ごーしとぐんじちゃんの間で会話が成立したことに感動を覚えましたの。

長丁場で少々ぐったりしましたが、楽しかったです。

お疲れ様でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。